二十六歳の独身OL。短大を卒業して現在の会社に就職、以来六人ほどの男性と、互いに結婚を意識しての交際をしてみましたが、どの人にも失望してしまいました。不潔だったり、ラフだったり、女性軽視だったり、身勝手だったりで、同性とのおつきあいのほうがどれほど楽しいことか。それで「三十歳までは結婚しませ-ん」と宣言しちゃったんです。私は本気でそう思って決心したんですが、宣言までしたのはうかつでした。というのもステキな男性があらわれてしまったんです。企画部のエリートで好男子、私のハートはたちまちキューンとなってしまったのでした。ところが彼は私の宣言を伝え聞いていて、私のアタックにも「冗談だろ」とニヤニヤするのみ。悲しい。オペラじゃないけどこれじゃ道化師。私が主役になるにはどうふるまったらいいか……。
自分自身の考え方が相手に対して不適当かどうかよく考え、自身の正す所を正したのち、こちらで改めてお相手を探すのもいかがでしょうか。
〈回答〉「主役になるには、どうふるまったら」とのおたずねですが、それよりも、結婚ということを、人生というものを、もっとまじめにお考えになるようにお勧めします。あなたのアタックに対して、彼が「冗談だろう」とニヤニヤしているのは、あなたの”宣言”が主たる原因なのではありません。この種の宣言が、いかに当てにならないものか、状況によって突如、豹変するものか、たいていの男性が承知しています。また、宣言を重大視しているのは、宣言した当人だけであって、周囲の人々は、聞き流しており、ほとんど気にとめていません。

参考:安心 出会系